2012年04月03日

●耐風等級

j-03-02.jpg

今日は風が強いですね。

ニュースで台風並みの風が吹き荒れる
と言っていたのを聞いて「ちょっと大げさじゃねーの??」
なんて思ってたんですが

本当でした。



で、今日は“風”ということにふれてちょっと。

続きを読む "耐風等級"

2009年11月11日

●水養生

mizuyojyo-.JPG

M邸基礎、今の状態です。

この写真を見て
「えー志水さん、水をためっぱなしにして、えーの?」
と思われた方も、もしかしていらっしゃるかも。

でも、これで良いんです。
というか
今はこの方が良いんです。

続きを読む "水養生"

2009年02月04日

●手間をかける訳

最近息吹木の家についていろいろと書いてますが、解っていただけたでしょうか?

こないだも書いたように、ウールブレスばかりに偏ったりとか
タイベックシルバーがすごいだとか
とにかく、ともすれば「もの」の方へ話がいきがちになるんです。

何度も言って「しつこい」と怒られそうですが
でもやっぱりものではないんです。

例えば
何で息吹木の家では何度も壁を創るのでしょう????

続きを読む "手間をかける訳"

2008年12月17日

●配筋のお話

先日JIOさんの検査の時の話。
覚えられていますか?
とってもアンビリーバボーなお話のことですよ。

今回はそのお話をしますね。

続きを読む "配筋のお話"

2007年11月06日

●断熱材の施工

断熱に関しては、内断熱だとか外断熱だとか
吹き込みの断熱が良いとか、各会社、メーカーによって言うことはまちまち?
それに加え、みんなが「うちのが一番良いですよ。」
というものですから、一体何が何やら分かりません。
でも私が思うことは・・・・・・

続きを読む "断熱材の施工"

2007年10月16日

●外装下地検査

本日はJIO(日本住宅検査機構)さんの検査の日です。
検査もこれで3回目。
今回の検査は、「外装下地検査」 主に防水のためのものです。

続きを読む "外装下地検査"

2007年05月12日

●床造り(E邸施工現場)

建前に先立って床を造ります。
今回は、「2x4工法」ですので、これが必要条件です。

基礎は、細心の注意を持って施工していますが、どうしても多少はレベル(高い、低い)が違います。
そこで、予めレベルを取っておいて、それにあわせて基礎パッキンを敷き込みます。
ちなみに、基礎パッキンというのは、基礎と土台の間に敷くもので、床下の通気を非常にスムーズにしてくれる優れものです。

%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%202.jpg

%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%203.jpg

土台を一通り敷き終わると、もう一度レベルを取ります。
こうやって何度も確認しながらやることで、施工精度が高まります。

土台を敷き終え、アンカーボルト(基礎と土台をつなぐボルト)を締め終えると
今度は、大引き(土台と土台をつなぐ木材)を設置します。
弊社の場合は、通常より小さい間隔で設置します。
これで何を上に置いても安心です。
実はこのやり方は、2x4工法でも、在来工法でも同じやり方をしています。
家を支える重要なところですからね。

全てやり終えると、今度は断熱材の設置および、床張りです。

%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%205.jpg

%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%204.jpg

これで床組が一通り完成です。
素人目には、できあがりが同じように見えても、一つ一つの施工品質を上げていくことで
後々の仕上がりや、快適性にも差が出てきます。