« やっぱり 不易流行 | メイン | 新倉庫で一杯(^_^)v »

2012年04月25日

●2つの財布

今日の話も昨日の続き

タカラの所長さんもホントお忙しい方で、普段はなかなか話ができない
ということから、話をしだすと実に色々なお話

先日も、6時過ぎから9時くらいまで。

なーーんかいい話も一杯したのですが
何せ歳のせいか、「いい話をした。」という充実感だけが残って忘れてしまうようなことが多くて・・(汗)

でもその中で覚えていること書かせてもらいます。

題名は「2つの財布」

意味深でしょ!


まずはキッチン業界のお話

展示場に出かけると、実に色々なキッチンがあり、
それぞれに「システム価格 ○○円」とか書いてあります。

「これ、いいな!」なんて見ていると、そういったものは大概200万円以上

「えー!システムキッチンってやっぱり高いんだ!!」

ほとんどの方がそんな印象をもたれるんじゃあないでしょうか?



ところが、この価格って、上代価格って言っていわゆる定価

実際の価格は、その半分くらいだったり、6割くらいだったりするのが当たり前。
これが業界の常識。

もちろんそれはメーカーによってそれぞれだったりするので一概には言えない部分ではあるんですが・・

ちなみに、タカラさんの場合、その価格がほとんど売値
引いても1割2割の世界

「本物の価格をそこに打ち出して、お客様自身に、それが買える価格かどうか判断してもらう。」
というのがタカラのモットーだから、というのが理由

じゃあなんで、他のメーカーはそんな価格をつけているのか
というと、それは中間の人、もしくは工務店さんにたいしての“うまみ”を残すため。

実際には100万円のものに200万円の値が付いているのですから、それを150万円で売ろうが120万円で売ろうがそれは自由。

それが“うまみ”

タカラさんでは、そのうまみが少ないから嫌う業者もいるとかいないとか

でも
実際には、商売なんで、儲けは必ず必要。
その分だけは、きっちり確保させていただかないと成り立っていかない
それだけは理解しておいてください。

でもおおざっぱ過ぎるような気も・・・

ま、どの業界でもこんなものような気もしますが・・・


業界のお話はこれくらいにしておいて
2つの財布のお話

ものにはその価値において値段がついていて
例えば車
軽自動車も、普通車も同じ値段ではないですね。

ベンツが軽自動車並の価格で本当に買えるんだったら
これは安い!! 買い!!!

ですが、
そんなことはほぼあり得ない!!

もしそんなことがあるとすれば、車の場合大事故をして、2つの車を一つにつなげたものとか・・・

私も何かでそんな記事を見て、恐ろしいな、と感じたものですが
やっぱり
「安いものには秘密がある」ですね

それは我が業界でも同じ事。

時々異常に安い値段で出ている○マホームなんてのがありますが
あれはあくまで本体価格っていうからくり

実際のお値段は、あれとて、実際の価格は坪40から50万円くらい

それでも安いのですが
そのできあがりは・・・・・・・・

ま、値段なり、といったところでしょうか。

じっさい、そこで建てた人の愚痴を聞いた事がありますが
聞けば聞くほど「奥さん、それは値段なりだったのでは・・・」と思うような事ばかり



話がちょっとそれましたが、
所長さんがキッチンを売っているときでも

「これいいと思うんだけど、ちょっと価格的に手がでないわ。」
と言われる方が多いとか

でも、
その値段の理由、価値を説明し、それをお客様が納得すると

新たにもう一つの財布が出てくる、と言うんです。

つまり

何とか、いいものを少しでも安く買おう、という財布
の他に
これだけの価値があるんだったら、予算はオーバーするかもしれないが、出す価値はある、という財布



これってどうでしょう??

良いものを良い、と認め、その価値にお金をだす

これが正しいお金の使い方だと思いませんか!?

よく「安物買いの銭失い」と言いますが
家づくりを考えるとき、そんな事ってよくある話ではないでしょうか?

家の場合、一朝一夕に答えが出るものではないですが
その辺の所、よーーく考えていくべきところではないでしょうか



ただし
全てにこだわりにこだわっていたのでは、さすがにもう一つの財布もたまりません。

何を優先するのか

何が大切なのか

こどものためにいい家ってなんなのか

・・・・・・・

よーく考えて行動しましょう。

消費税が・・・・とか今建てないと損だから・・・・
というような強迫観念で家づくりをしていくと失敗します。

こんな時代だからこそ
賢い消費者になりましょう。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック