« ちょっとだけ“ほっ” | メイン | 生きてるってこと »

2012年01月22日

●福田義勝さんの庭

IMGP7571.jpg

この土曜日は庭見学。

そう、昨年末から何度か登場している福田義勝さん

その先生が実際に手がけられた庭を見るため
MKさまと待ち合わせて県南へ。


この日は朝から福田先生ご自身にご案内頂いて6軒の家の庭を見せて頂きました。

最初は、3時くらいまでで・・・
なんてお願いしていたのですが、結局全て見終わったのは、もう暗くなりかけ

本当に丸1日お世話になってしまいました。

それも本当に丁寧にきちんと説明してくださって

お礼の言葉もありません。

本当にありがとうございました。
m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m


もちろん
見る庭、見る庭どれも素晴らしいものばかり。

しかも、その庭を見ても
「どうだ、参ったか!! すばらしいだろう!!!」

といったものではなくって


すごく自然観を残して、主張していない。
でも
それでいて、見事に“庭”というものを表現している。

そんな感じ??


いずれにしても
私ごときが、庭を語るなんて100年早いのでしょうが
ここまでさりげないんだけど、
それでいて、どう言ったらいいだろう・・・
庭が語りかけてくれる
そんな感じ???

これも、やっぱり造る人の人柄・・・・???


そうそう
お人柄といえば

今回の庭見学で、福田さんが何度も何度もおっしゃっていていたこと

それは
「私の勝手な作品じゃなくって、あなたのための庭を創りたい。そのためにはMK様がどんなことを考えているのか、どんなご趣味なのか?きちんと知っておきたい。そのためには実際の庭を見ながら、お話しするのが一番だから。」



この言葉を聞いて、正直私はちょっと意外でした。

だって、本にも載るような、韓国などへ行ったりすると大歓迎されるような
そんないわゆる先生がそんな風に言われる・・

ふつう先生は、「私のやり方はこうだから。」とか「こうやるのが正しい。」
なんて主張する‥・・   人がとっても多い

ですが
福田さんはあんな風に言われる・・・・・・・・・

なるほど

納得できました。

だからあんなに優しい庭が出来るんだ。


こんな方でさえ、ここまでお客様のため、お客様とご一緒に
という考えの基庭造りをされている。

私たちが、お客様のために何かを行うのはもっともなことだ。

いやいや
もっとお客様のためにできることだってあるかもしれない。

今回
庭ももちろん素晴らしかった、ですが
それ以上に勉強になったのはそんなところでした。

人生いつまでたっても勉強ですね。


本当に充実した1日

ありがとうございました。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック