« ひとつ、ひとつ | メイン | 木のおもちゃにふれてきた。 »

2011年11月27日

●作庭家 福田義勝

CIMG0571.jpg

今日も打ち合わせ

今回のメインは、外構の話。

今回手がけている現代町やにはいくつかの約束事があり
その中の一つが

・その家は前を通るひとの家でもあること

というのがある。


そう、現代町家の理念の一つは、外に開かれた家
町並みに美しくとけ込む家でもあるんです。

そういう意味から言うと
外構をいかに美しく自然に町並みにとけ込ませるのか

残念ながら
そこまでの技量は私にはない

・・・・

ないのであれば、知恵を借りよう

と言うことで色々な人に尋ねたところ

ある一人のかたの名前に集中した。

その方が、作庭家 福田義勝さん。


今日は、その福田さんがわざわざ津山まで来てくださり
MKさまの家を現地で視察。

どんな方なんだろう??

ととっても楽しみにして待ち合わせ


これれたのは、軽トラックにのって

作庭家なんて名乗る方だから
ちょっといかした車で来られるの、と思いきや軽トラック・・・・

でも
その誤解はすぐに解けました。

お話していると
とっても自然体。

仕事に生き甲斐を見いだし、お施主さまに喜んでもらうことに喜びを感じる

そんなことがしみ出してくるよう。

だから
この人は、やっぱり先生ではなくって職人さん。


今回は初回の打ち合わせ
ということで、詳しいところまでは踏み込みませんでしたが

その人となり、人間性を感じさせていただくだけでも勉強になりました。

MK邸
家だけでなく、外構、庭も楽しみになりました。(^_^)v



福田さん、生意気なことも書きました
お許しください。m(_ _)m

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック