« D邸構造体検査 | メイン | 作庭家 福田義勝 »

2011年11月25日

●ひとつ、ひとつ

CIMG0554.jpg

写真はMK邸での一こま。


何をしているのかって?

外壁の塗りのデモンストレーション。

いつもこうやって“塗り目”について、お施主様の目の前で塗ってみて確認


なんについてもそうなんですが
家の計画をするとき、全てがすべて決めて、
あとはできあがりを待つばかり・・・

なんてことはちょっと無理  って考えてます。

会社によっては、既製品ばかり使うものですから、
全て決めて、というところもあるようです。

皆さんはどうお考えでしょう???


家を建てるとき
ほぼ100%方が初めての経験

図面なんて、ほとんど見たこともない。

そんな人たちに、図面を見て決めてください
なんて言っても・・・・・

やっぱり無理ですよね。

大手ハウスメーカーならば
もともと型式があるので、実物のものもあるだろうし、あらゆるカタログもあるだろうから
もしかしたら、図面だけで十分なのかもしれません。

しかし

うちも含めて、中小零細には、もちろんそんなものはない。
(もちろん、OBの家など見て確かめることはありますが)

だからこそ、現場で実際に見て、確かめて、ひとつひとつ前進していく。

これが正しいやり方だと思うのですが。


もちろん、そんなことをする手間も時間もいります。

でも

家って、ほぼ一生に一度の買い物

お互い時間をかけて、確かめ合いながら、共に創り上げていく

そんな事ってとても大切!!

だから
やっていきます。こんなこと。


志水さんは現場打ち合わせが多い!!

って喜んで言ってもらえるように

できたときの喜びが増していくように。

頑張ります。(^_^)v

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック