« 壁塗開始 | メイン | 土台敷き »

2011年02月25日

●家を建てるって

先日からまた新しいお客様との面談させていただいています。

明日もまた一組。

今後どうなるか?
そんなことは別問題。

本当にありがたいことだと思っております。

本当に出会いに感謝! 感謝!!です。 



私たちは住宅会社
「どうやって売り込んだら良いのか?」

なんて事を昔は考えてました。

そりゃそうでしょ。
私たちは商売でこの仕事をやっていて、仕事をいただいてなんぼ。

それが当たり前。


だったんですが、
今はちょっと違う考え方に変わってきました。

不思議です。

仕事をもらってなんぼ
仕事をもらえなければおまんまが食えない。

でも
あるときから、それって違うよな
なんておもいだしたんです。


商売だから、お客様のご要望にあわせて
お客様のためだから、お客様の言うとおりの間取りにあわせて。

それが世の中の工務店がやっている仕事。

うちの場合
「お客様のため」という基本はもちろんありますが、
ダメなことは極力ダメと言ってきた。

だから、仕事をあんまりもらえなかったのかもしれない。


でも
でも
本当にお客様のためって考えてみたとき
お客様の言うことを何でも「はい、はい」と聞くのが本当なんだろうか?

そう考えた時
自分がプロとしてお客様のためになることはなんなんだろう????


そう私がプロとして
今まで体験してきたこと、感じてきたこと、やってきたこと

それらをきちんとお客様に伝えること。

そして
自分としては何がいいのか、体験として伝えること

こんな事が大切。

だって
いくら商売だからって、自分が住みたくない家
そんな家は絶対に造りたくない。

自分がいいと思うこと、自分が気持ちいいとおもうこと
そんなこと全てをお伝えして
後はお客様自身に判断して頂く。


以前も書いたんですが
家創りって結婚と同じ。

ほとんどの人が、一生に一度の大イベント

加えて家は、ものすごいお金までかかってしまう。

だから
“価値観の共有”が大切だと思う。

そう、結婚生活で価値観が全く違ったらきっと悲壮

家もそれと同じ。


価値観が合う。共有できる。

そんな方とは是非とも一緒に家創りをしていきたい!!

逆に
どんなにお金があっても、それが全くあわなかったら・・・・
家を建てることすら不幸になりかねない。

だから

お客様とはいっぱいお話しがしたい。

色んなお話しをして、分かり合いたい。

そんなお客様とは
「蠣でいっぱいやりましょうよ!?」とまたお話しができる。

こんな楽しい事ってない! でしょ。


だから

だからばっかりですが

今私たちが売っている物

それは、家っていうハードじゃなくって
もしかしたら、私たちの考え方、私たち自信じゃないかと思う。


お陰様で、今私たちは素晴らしい出会いを頂いています。

笑顔で家創りができてます。

これも素晴らしい出会いがあったからです。


これからも
こんな素晴らしい出会いが頂けたらいいな
心からそう思います。



こんなこと書き出したら止まりません。

ごめんなさい。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック