« 地盤調査 | メイン | 基礎立ち上がりコンクリート打設 »

2011年02月07日

●子どもにも解る!?

昨日、一昨日は、色々なお客様と打ち合わせをしたり、段取りをしたり。

お陰様で充実した土日を過ごさせて頂きました。


その中で、日曜日の午後からお会いしたお客様とのお話。


そのお客様
ご主人のご都合で、昼からの打ち合わせとなったのですが
朝のうち時間がある、ということで某工務店のオープンハウスへ。


目的は、うちと打ち合わせをしている間取りを確認するため。

図面を見て、実際にそれに近い間取りや広さだったら
本物を見るとすごく解りやすいですもんね。

「参考になりましたか?」

「参考にはなりました。でもそれより、やっぱりなんか違うんですよね。
空気感っていうんですか、やっぱり志水さんのところとは違うんですよ。」

「それとね」と続く

「子どもたちも連れて行ったんですけど、帰ってから父親に言ってるんですよ。
『行ってきたけど志水さんの所の方が全然良い!!』って」



その工務店さん
私たちはそう見れるわけないのですが、“見せる”事についてはとってもうまい、と評判の会社

「へー、うちの方が・・・・」と思ってよくお話を聞いてみると、
良いというのは
見栄えの事ではなくって、雰囲気とか空気感の方の話

「私もそうなんですよ。」と奥様

志水さんのところの空気感を知ってしまうと
他のところじゃ全然ダメなんですよ。

・・・・・・・・

こんな風に言ってもらうこと
私たちにとっては最高のほめ言葉!!

それに
子どもにまでそんな風に感じてもらえるなんて
ほんと感激です。

ありがとうございます。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m



このブログを読んで頂いている方
どんな方がいらっしゃるのか、よく分かりませんが
「こいつだけは、何かにつけて“空気感、空気感”て言うけど、怪しいんじゃないか!?」
と思っていらっしゃる方もあるかも。

でも
言葉で表すと言っても、どう表現すればいいか・・・・・

こんな感じって、・・・・・・

やっぱり
実際に感じてもらうしかないんです。

今、家を建てさせて頂いている方
お話しをさせて頂いている方

みんなこの空気感を感じてくださって、これに惚れてくださって
家を計画している

家って
最後の最後は、やっぱり触れて感じて五感が欲するもの
そんなもので選ぶのが正解なのかな!?


これからも“躰が喜ぶ家”創っていきたい

そう思います。

コメント

志水住建の空気感

お正月は,1週間ほど妻の実家に里帰りしました。ついでに,妻の姉の家にも遊びにいきました。しばらくぶりの家の玄関を開けた瞬間,妻と二人で顔を見合せて,「ああー」と言ってしまいました。「木の香りがするし,雰囲気が本当に全く違う。」 全然,家づくりのコンセプトが違う。つまり,一つ一つの素材へのこだわりが感じられるのです。他の家との空気感の違いを改めて感じた瞬間でした。プラス蓄熱暖房のお陰でほんのり温か。志水さんのいう空気感と誠意あるこだわり感,本物です。

それと,志水さん流の「自分たちのポリシーは曲げずに,相手を尊重する誠意」,いつも自分の仕事への参考にさせてもらっています。by M

ありがとうございます。m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

そんなに言っていただくと本当に嬉しいです。

やらせてもらって良かった!!!!
本当にそう思えますね。

それから
このお客様からも、実はメールを頂いております。

全ては紹介できませんが

ブログに息子の発言をご紹介いただいて、
ありがとうございます(^^)
息子もうれしそうにしていました。

空気感が断然違ったのと
細かい仕事の丁寧さが全然違っていたのに気がついたそうです。

と頂いております。

こちらもありがとうございます。m(_ _)m

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック