« 子どもにも解る!? | メイン | MYさまもDIY »

2011年02月09日

●基礎立ち上がりコンクリート打設

IMGP5333.jpg

今日は,A邸の基礎立ち上がりコンクリート打設

朝起きての一番の仕事
それが、愛犬イチロー君との散歩なんですが、
外へ出てもそんなに寒くない。

そう
先日同様、気温が下がらず、今日もコンクリート日和です。


それに加えて、やっぱり安気なのが
スラブ(床面)にjくらべて、立ち上がりは“型枠”という、いわばコートがあるので
スラブの時ほど温度を気にしなくて済む、というのもありますね。

も一つ言うと
今回も打設したコンクリートの呼び強度は“30キロ”
設計強度は24キロあれば十分なので、温度補正的にもバッチリ。

温度補正というのは、ごく簡単にいうと
生コンを打設する時、一定の温度以下の時に、設計上の強度を確保するために
設計強度よりプラス3程度の強い強度のものを打設すること。

(他に4週強度とか言うものもありますが、ややこしくなるのでそこは今回置いておきます。)

要するに、寒かったらより強度が出にくいので、より強いものを打たなければならない
ということ。

覚えておいてください。


そうそう、今日もお施主様が来てくれました。

生コンの打設というのは・・・・・・
から話が始まり、話し出すと止まらない私

出社ぎりぎりになってしまったこと、
ごめんなさい。  

でも、生コン打設、その目で見れて良かったですね。(^_^)v

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック