« A邸地鎮祭 | メイン | 人間は間違える »

2011年01月24日

●丁張りかけ

IMGP5187.jpg

今日はA邸の丁張りかけ。

いつも言うように、
丁張りというのは、現場での物差し。

これがきちんとできていないと、全てが違う
ということになってしまいます。

だから


この作業、いつも土木やさんと一緒に私たち夫婦もやります。


ある時、そんなことを話していると
「そねーなもん、まかしときゃーえーんじゃがな!」
とある建築やさん。

そう、
聞くところによると、ほとんどの会社が“お任せ”
らしい・・・・・

できてきて
違っていたら、やり直させればいい。

確かに、違っていてらやり直す
これって理屈だし、もちろんそうしてもらわなければ困る

でも

なんか大事なことを任せていいだろうか???

そう思ってしまう私のはうが違うんでしょうか??


いやいや!!
お施主様から、私という人間を信頼して仕事を任せてもらっているのだから
私自信で確かめながらやっていかねば!!

仮に自分で手をかけなくても
職人さんとコミュニケーションを取りながら
自分の目でも確認しながら
やっていく。

それが、お施主様と私、そして私と職人さんとの信頼関係

こうやって行くのが仕事。
こうやって行くのが監督。

そう思います。



こんなんだから
いつまでたっても、クラウンで現場へ
というわけにはいかないんですね。

でも
350㎏積みのフェラーリもなかなかいいですよ。

この冬も4WDで大活躍です。(^_^)v




あ!
そういえば

クラウンで現場へ行こうにも
そんな高級車
持ってなかった・・・・・・(-_-;)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック