« 差がわかる時 | メイン | 美作木の家 懇親会 »

2010年12月20日

●分かり合うこと

今回の土日もいろいろな方とお話できて、
充実した時間を過ごさせていただきました。

本当にありがたいことです。

そう、私たちのような小さな工務店には
豪華なパンフレットも、豊富なプラン集も、素晴らしいプレゼンも
みーーんなありません。

でも、でも
だからと言って、できる家が大手さんんとそんなに差があります????

むしろ、うちらのほうがいい家を創ってますよ!!
という自負さえある。


でも、ほとんどの人が家を建てるとき
必ずと言っていいほど同じ行動パターンをとるらしい。

   ・住宅雑誌を買ってきてどんな家がいいか調べる

   ・実物を見に住宅展示場へでかける

   ・気に入った数社から見積もりを取る。

大体こんな感じですかね?

そう、そこへ行くと洗練された営業マンがきれいな身なりをして
スマートな会話で家を説明。

帰りには、豪華なパンフレット、とお土産?

うーーん
そう考えると、うちの場合、
現場に通っているので、汚れたズボンをはいた中年のおっさんが説明。

豪華なパンフレットなんて全然ない。

・・・・・・・・・・・

絵的には、全然ダメダメですね。


でも、大手には負けないと思うもの
それは
家創りにかける想い

これだけは絶対に負けません!!!!!!!!

このことは、ずーーと思ってきたこと。


ですが
最近思うんです。

その“想い”を解ってくださることももちろん大事ですが
それより大事なこと

それは、お互い解りあう、ということ。


恋愛のことを考えたとき

私がいくら想いを込めて「愛してる!」と連発しても
相手が嫌っていては何の意味もない。

それはもちろん逆も同じこと。


相性がいいか、果ては一生を託せる結婚相手としてふさわしいかどうか
きちんと見極めるため、ちゃんとお付き合いして、でーとして、いっぱいお話して・・・
お互い分かり合って・・・・・・・

そうして決めるはず。

それは恋愛だけではなくて家創りだって同じだと思うんです。

今まで借りたことのないような大金を借りて
一生住み続ける家を建てる。

「失敗したから今度こそいいものを」
と思ったところで、そんなことできる人なんてホンの一握り。

だから、疑心暗鬼の目で見るんではなくって
お互い腹を割って、いっぱいお話して、それも家の話だけではなくって
趣味の話、生活の話、子どもの話・・・・・

いろんな話をして分かりあいましょう。

家っていうハードを造るだけではなくって
みんなの想いっていうソフトをたくさん積み重ねましょう。

そうしてできた家のほうが素敵だと思いませんか?


コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック