« 自分たちの家 | メイン | 感謝、感激です。 »

2010年11月10日

●MY邸基礎立ち上がり

IMGP4606.jpg

今日はMY邸の基礎立ち上がりのコンクリート打設。

多少“きたけ”はあったものの、基本的には良い日で
生コン打設日和。

お天道様、ありがとうございました。


で、写真
おなじみの岡さんですが、何をしているのか?

前から記事を良く読んでくださっている方には解るはず。

そう、
枠を木槌でたたいているところ。


その答え、解りますよね。

先日書かせて頂いたように
うちのコンクリートは強い、イコール粘いんです。

ねばいコンクリートは、なかなか枠の隅々まで流れ込んで行きにくい。

生コン打設時には、バイブレーターという振動を与えることにより
生コンの流動性をよくするものを使うのですが、
それだけでは良いコンクリートは造れない!
ということで
打設が終わってからも、こうして「たたく、たたく、たたく・・・・・・・・」

そうすると出てくるんです。
気泡が。

気泡が出るって事は、中にまだそういうものが残っていたということ。
それはつまり
しっかり圧縮されていなかったということ。

「何も、そこまでしなくても・・・」と言う方もいらっしゃるでしょう。

でも、せっかく造るコンクリート
少しでも「よく締まった固くて丈夫で、ついでにきれいなもの」
の方が良いと思うんです。



とにかく
コンクリートは、『造るもの』

それはとりもなおさず
やっぱり、人間の手によるってこと。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック