« 配筋検査 | メイン | お詫びと訂正 »

2010年11月06日

●コンクリート打設

IMGP4585.jpg

昨日の検査に続き、今日はコンクリートの打設

願ってもないような打設日和
いーーいコンクリートできました。(^_^)v



IMGP4584.jpg

右の写真、
これは生コンを持ってきたとき内容伝票
(クリックすると大きくなります)

プロならば、これを一目見ただけで
「良い生コン使ってるな!!」と思ってくれるはず。


ここはいつも私が言っていること。

同じように見えるものでも中身は全然違う場合も多々ある、という事実。

そう
呼び強度30㎏、水セメント値48%という数字

長期優良住宅と呼ぶからにはこれくらいのものは打たないと
という私の考え。

と言うのも
ごくごく簡単に言うと

コンクリートは水セメント値が少ないだけで、飛躍的に耐用年数に差が出てくる
難しい事は分からなくても
このことだけは覚えておいてください。

ですから
構造にこだわっているという会社には、聞いてみてください。
「お宅の基礎は、水セメント値どれくらいの生コン使っているんですか?」



加えて、いつも言うように
その強い生コンを、しっかり、しっかり押さえてさらに、さらに強度を上げてくれる職人さん

感謝してます。
いつもありがとう、岡さん。

今回も、ホント良いコンクリートできました。



こんな事に興味ある方
いらっしゃいましたら声をかけてください。

現場を見るだけでも、その差、分かりますよ。


コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック