« おげんきですか!? 9月号 | メイン | 2つの嬉しかったこと »

2010年09月16日

●現場のごみ

gomii.JPG

現場というところは、ものを造っているにもかかわらず、実に様々なゴミが出ます。

一つの現場で、大体4~5立方メートル・・・

これでも、カンや瓶、ペットボトルなどはきちんとリサイクルに出し
段ボールなども仕分けしているのですが・・・・


写真は、ちょっと分かりづらいかな・・
これは現代だけでなく、昔、昔から出ていたゴミ。


そう、これは木を削ったごみ“かんなくず”

うちの現場の場合、これだけは仕方ないかな,って思ってます。

造作材、内装材に本物の木を使う
そうすれば、自ずとこうしてかんなくずが出てきてしまう。

これは昔からあったことで
違うところは、昔はこれをもって帰って燃料にしたり、敷きわらの替わりにしたり
使うところが沢山あったこと。

ところが、現代では、これは産業廃棄物の一つ・・・

ちょっと考えてしまいます。


今、これを再利用することができるもの

実は一つだけ知っているんです。

それは、ペレットの材料にすること。

ご存じですよね。 ペレットストーブの燃料です。

しかし
これにするための機械
2000万近くするとか・・・・

うち1軒ではちょっとあわないか・・

共同購入?

いつの場合も共同ってのは難しいか!?

木くずは、決して産業廃棄物なんかじゃない!!
昔から資源、燃料として活かしてきました。

ただ、生活様式が変わってしまったから、こうなっただけ。

何か良い知恵があれば、と思っています。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック