« 賢学会 追記 | メイン | すばらしい!! »

2010年06月12日

●お引き渡し

今日はS様の引っ越しの日。

そう、S様に取っては念願の、待ちに待った入居の日


自分たち、ご自身で一生懸命手をかけて創り上げてきた我が家
ご入居の感慨は普通でも大きいのに、さらに一入(ひとしお)ではないでしょうか。

そして
今日はお引き渡しの日。


お引き渡しの日
それは、お客様にとって一番晴れやかな日。

もちろん、私たちにとってもそれは同じこと。

おめでとうございます。

おめでとうございます。


でも
やっぱり私たちにとっては、一抹の寂しさも感じてしまう日。

着工前から毎日のように通って、毎日のように現場を見て
S様ともお話しをして、手をいっぱいかけて・・・・・・・

それも今日を限りにしなくなります。

手をかけた子どもを外へ出すようで・・・・・
やっぱりそこは、ちょっとだけ寂しい・・・


でも、でも
本当に、本当に喜んでくれているS様
それをみると、私たちも本当に嬉しい。

これからはS様が本当に慈しんで、住んでくれることだろう
本当にそう思う。

この家が“しあわせの入れ物”なってくれたら、
わたしたちにとってもそれぐらい幸せなことはない。

おめでとうございます。
この家をかわいがってやってください。




いつもお引き渡しの日は、こんな感慨を抱いてしまう。

寂しい、なんて失礼なことを言って申しわけありません。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック