« うれしかったこと | メイン | わかる!わかる! この違い »

2010年04月26日

●で、うちはどんな会社?

きのうのお話し
改めて読み直してみたら、書いてますねーーー
訳の分からないこともいっぱい!

書き出すととりとめもなく、あれもこれもと書いてしまう
これもお話しと一緒で悪い癖ですね。
反省です。

要するに、昨日書きたかったのは

家を建てようと思ったら
家っていうハードを見るのではなく、それを建てた会社がどんな考え方で家を創っているのか
そのことをよーーーく理解して、自分との相性を見極めましょう。

そういうお話し。


言ってしまえばそんなことなんですが
実際に今まで色んな人にお目にかかって、色んなお話しを聞いていると
そんな簡単なことができずに
「焦ったかな!?」とか「いまだに不満なんです。」という方の多いこと

そう、だからじっくり見極めましょう!
私のところも含めて、あなたにふさわしい会社かどうか

でも、ちょっと気をつけて欲しいのは
大手の素晴らしくできの良いパンフレットに惑わされないこと。

あれって、私が見ても欲しくなるような・・・・・

だからダメですよ。
ブランドがお好きな方は行けば良いですが、
結局は、お決まりの無難な家を作る、それが大手ですから。

自分だけの家を、自分の想うように、じっくりと創りたい

そんな方は冒頭に申し上げたように
じっくりと見極めましょう! その会社の考え方、そして自分との相性



私の会社なんですが

まず大切なのは
「丈夫で長持ち」の家、 そして次に来るのが「快適な家」だといつも言ってます。

いくらいい家を創っても、20年や30年しか保たないのではもったいない。
良いものを創って長く住み続けて欲しい
そして
年と共に美しくなるような家を創っていきたい

次に
せっかく建てたのに、化学物質だらけでそこに居たくないような家は絶対にダメ。
そこにいるだけで気持ちよくなるような空間
そして深呼吸したくなるような環境

それでいて
省エネで家計にも優しい
そんな家が良いですよね。

そんなことをずっと考えていて家創りをしていたら
ここのところ「長期優良住宅」なるものが登場。

丈夫で長持ち、そして省エネ

これを謳った長期優良住宅は、まさにうちの考える基本コンセプトと同じ。

小さな小さな工務店でも、やればできる
ということも含めてチャレンジしたこの長期優良住宅も
今や我が社の標準機なものになりつつあります。


気がつくとまたまた長くなっているんですが
基本的にはそんな家創りをしたいと考えています。


そんなことではないんですよね。

やっぱり見極める
という作業は、こんな文章を読むのも大切ですが
やっぱり、本人と話をしなくては!!!

ご興味のあるかた
是非ともお話ししましょう。

良い家創りのために。(^_^)v

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック