« 建てどき | メイン | 子どもたちも地盤調査 »

2010年04月07日

●こころ、そして こだわり 大切です

なんか気ぜわしかった仕事の段取り
昨日で何とか一段落つき、ちょっとだけ一息。

そこで
「おい、今晩上がってみようか!?」と鶴山へ夜桜を見に。


上がってみると、桜という桜が咲き誇り、今が満開!

「あーきれい!!」
いくら忙しくても、こうして桜をながめる心の余裕
やっぱり大切かな。

そう言えば、建築の仕事を始めてから何年もこうして鶴山へ上がって桜をながめることなんてなかったように思う。
どこへも行かず、桜をながめる余裕もなく、ひたすら仕事、仕事・・・・



今が余裕があって楽だ、という訳ではない。
要はこれって、やっぱり心の問題なんだろう。

桜が咲いたら美しい、とふと立ち止まる心

何かを求めて、勉強しに出かけよう、と思える心

そんな意味での余裕、必要だと思います。


それで、今回の話はもう一つあります。

それは、鶴山からおりて食事に行った時の話。



鶴山で弁当を広げて、女房と一杯やる
という選択肢もあったのですが、桜は桜、メシはメシとしないと
桜を感じることができない気がしたので、メシはおりてから。

どこで食べてもよかったのですが
たまたま行ったその店はお肉へのこだわりが強いところ。

あまり行ったことがなかったお店なので
最初座敷へ通されたのですが、カウンターが空いたのでそっちへかわらせてもらう。

何でカウンター席か?

カウンターの方が造っているものも見えるし、話を聞いてから注文もできる。
そして
何よりも、その店のおやじさんとコミュニケーションが取れる。

ここがポイント


それで、
やっぱりカウンター席に座ってよかった!!

おやじさんと話していると、やっぱり“こだわり”や“うんちく”がある。

その話を聞いていると、うまいものがよりうまく、よりありがたく、いただける。

そして「うまい!!おやっさん、これうまいすねーー!!」
といったときの、その嬉しそうな顔。

こだわりの食材、それも厳選したものを仕入れ、それをただ焼いただけとか言うのではなく、こだわって調理する。

そんなものがうまくないはずがない。


こだわり
とっても大切です。

そして
お客様とコミュニケーションをとり、その素晴らしさを伝えること。

これもとっても大切です。

学ばせて頂きました。

そして、もちろん、おいしかった!!!


お店の名前は「げんた」
もし行くことがあったら
やっぱりカウンターに座って、親父さんと話してください。

美味しい“裏メニュー”も堪能できるかも(^_^)v

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック