« M邸 外壁下塗り | メイン | 住宅版エコポイントの中身 »

2010年01月24日

●養生(ようじょう)

ここのところ聞かれること
「M邸、外壁を塗ったんですよね。もう仕上げはされるんですか?」

そう、今週良い天気に恵まれたおかげで、
M邸の外壁の下塗り、中塗りとしてしまうことができました。

じゃあ、続いて上塗りも、
ってことになるんだろうな、と思うんですが、
じゃあないんです。

それが、今回のタイトル「養生(ようじょう)」ってもの

でも、ようじょうって???


養生という言葉は、建築の世界では結構使うものなんですが
今回の場合、
塗った壁をしっかり、しっかり乾かして、
もし割れなどが出るのなら、それもしっかりでてもらって、と
次の行程へ移る前に欠点など出尽くさせておくということ。

そうしないで、次の仕上げ塗りをしてしまうと
仕上げに欠点がみんな出てしまうでしょ。
そう
そうならないようにするのが、ここで言う養生。

だから、今は待っている時間。

せめて1週間くらいは養生をして、それからまた良い天気の時をねらって仕上げをします。
こうご期待!




そして今回の話は、もう一つの養生のこと。

実はM邸
今週末から2階は珪藻土がぬれる状態に。

早速、ということでM様、楽しみにしていた塗りに取りかかる
といきたいところですが
そうではないんです。

やっぱりここでも養生が必要。

ここで言う養生は
珪藻土を塗るときに、下に落としても平気なように
また
柱などに付かないように
などなど、他を汚さないようにすること。

塗り体験などの時は、「さあ、塗ってください!」状態なんですが
実際の現場では、この養生はホント大事な作業。

汚さないように、だけでなく、これをやることで格段に塗りやすさが違います。

それで
M様、この地道な作業を一生懸命にやりました。
それも奥様お一人で。

というのも、残念ながらご主人の体調が優れなかったから
なんですが、
お一人でがんばられたのはさすがですね。

これが終われば、今度は楽しい!楽しい!壁塗りです。
楽しみですね。(^_^)v

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック