« 珪藻土もリセット? | メイン | 早い仕事、遅い仕事 »

2010年01月29日

●S邸基礎着工

IMGP2452.JPG

S邸の工事が始まりました。

丁張り(基礎工事の現場物差し)をかけて、寸法をきちんと確かめて
まずは堀方からです。

S邸は、先日から契約、地鎮祭と記事にさせて頂いて来たので
だいたい順調な流れで進めているな、と見えるのですが
実はここまでやっとの事でした。

それは


今回の物件も『長期優良住宅』だったからなんです。

そう、前回のM邸もそうだったんですが、申請書類を提出してから
かかるんです、日にちが・・・

実は今回も、書類を出したのは12月の初旬。

で、おりてきたのが昨日。

今回も時間がかかりました。


「契約は1月だったのに、書類だけは早く出したんですね。」
と言われる人がいらっしゃいますが
弊社の場合、契約も契約ですが、お施主様との合意の元
ままこういうケースがあります。

その代わりではないんですが
「今回の場合、長期優良住宅ですから、構造上の変更はちょっとしたことでも計算書を作り替えたり、もちろん書類を出し直したり、と大変ですから覚悟して見ておいてくださいね。」
と申し上げての書類提出でした。

そう、長期の場合、実際の工事自体はそんなに難しくないんですが
提出書類が大変なのと、いったん出すと時間がかかって、かかって・・・・

br/>

ま、こういう事ができるのも、お施主様との信頼関係があったからこそ
というか
S様が本当に信頼してくださっていたからこそ。

ありがたいことです。m(_ _)m


これからの工事
よそのように、見る見る進んではいきません。

じっくり、しっかりやっていきたいと思います。


じっくり、しっかり についてはまた後ほど話をさせていただいたら
と思っています。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック