« 構造賢学会、その2を終えて | メイン | 呼吸する家 »

2010年01月05日

●気持ちいい家

昨日の賢学会。

最後の方でお話しした、「あの何とも言えない気持ちよさ」って言うお話し。

そうなんです。
何とも言えない気持ちよさ
そんなものがあるんです。


実は昨日の賢学会
一階は、断熱も半分くらい。
でも、2階はばっちり断熱をして見て頂きました。

その2階
実はお施主様も大のお気に入り。


元々この家の2階は、ちょっと変わっていて(?)
普通の家とはちょっと違うんですが、ウールブレスを全て入れると
また何とも言えない雰囲気になったんです。

そこへもってきて
昨日は下でストーブを焚くと、昼過ぎからは2階はぽっかぽか温かい。

来てくださった方を2階へご案内すると、
その何とも言えない雰囲気と、暖かさで
「ここって気持ちいいですよね。」
というお言葉。

加えて
「このままでもいいんじゃないですか?」
という過激な(笑)お言葉まで。


普通、断熱丸出しの現場なんて、ちょっと見ればもう充分。
現場だからいれるけど、今回のような見学会でもない切り普通そんな場所にいることはないし
ましてや、そこで“くつろぐ”なんてことはまずあり得ない。

でも
昨日の見学会では、みんな2階へ上がると
「ここって良いですよね。」って感じでまったりとした感じ。

不思議でしょ。

論理的に考えると、杉の床や国産材の構造材と、ウールブレスの織りなす・・・・・
とかなんとか、難しい話になるんですが
そんな理屈じゃあなくって
そこにいると、まったりとした感覚になる。

どういったらいいのか
温かい日だまりの中にいるような感覚なのかな?

気持ちいいです。 ホント

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック