« 構造賢学会を終えて | メイン | 中間検査 »

2009年12月11日

●ウールブレスの床

%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B9%E5%BA%8A.JPG

M邸の床にウールブレスの断熱材を入れました。

通常は、発泡形(固いボードみたいなやつ)を行くことも多いのですが
今回は自然素材にこだわってみました。

写真を見ても解るとおり、
なんか床がふわふわの感じでしょ。

なんかすりすりしたくなるような床です。

下に落ちないように下張りをしたうえで断熱材を止めつけていくので
手間が2倍、2ー倍ーーーー

でも気持ちよさそうなのも
2倍、2ばーいーーーーー

解りますか?
2倍、2ばーいーーーー  って

解るあなたは大分ふるーーい!!


余計なことは言っていないで
・・・・
ホント気持ちよさそうな床になりました。

敷き込むときに、少しでもふくれるようにと、あらかじめ袋から出しておいたりしたのですが
販売元のムラモトさんおブログを読むと、日にちが経つとふくらんでくるとか。

(写真がどこかにあったのですが、どこにあったか忘れてしまいました。スミマセン。)

でも
イーですよね。

益々ふかふか
2ばい、2ばーい!!

コメント

本当にふわふわですねぇ。こんなふわふわが床の下にあると思うだけで、気持ちよく毎日過ごせると思います。。。。
ありがとうございます。

実感していただけました!?
いいでしょ!!

断熱材ですりすりなんてことができるのはウールブレスだけなんですよ。

断熱性能よし! 加えて調湿性能抜群!!
そんな断熱材はこれだけですよね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック