« 資料作ってます  | メイン | ウールブレスの床 »

2009年12月06日

●構造賢学会を終えて

%E6%A7%8B%E9%80%A0%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E4%BC%9A.JPG

構造賢学会が終わりました。

寒かったーーーーー!!!

本当にさむーーーい1日でした。


これが完成見学会ならば、外はこんなに寒くても、中は暖かいでしょ
と言えるのですが、何せ骨組みだけの状態の構造賢学会
寒さが骨身にしみました。

来て頂いたのは4組・・・

ですが
おかげさまで、一人一人しっかりと時間をかけてご説明できました。

まさに“賢”学会と名付けた通りですね。(^_^)v

私たちのような1軒1軒やらせて頂く工務店にとっては
数を競うような見学会よりも、お一人お一人丁寧にご説明できるこんな形式の方が良いのかもしれません。


何で長期優良住宅が今必要なのか?

長期優良住宅の中身は何か?

何が長期優良住宅に求められているのか?

現場の“もの”に当てはめて説明させて頂きました。

相変わらずつたない説明だったと思いますが
皆様解って頂いたでしょうか?

本当の意味での“賢”学会で会ったらいいですね。




構造賢学会
実は次も、密かに予定しております。

次回みて頂くのは外壁と防水、それに断熱関係かな。

今回見て頂いた基礎、土台、そしてそれに伴う「維持管理の容易性」のものについては、もうすぐ見れなくなります。

今回来れなかったけど、見てみたい
という方、いらっしゃいましたらご連絡ください。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック