« 塗り体験 IN 志水家 | メイン | 今日、明日 »

2009年06月25日

●家創りって・・・

6月は見積もりと、雑務、そして何より勉強の月になりました。

見積もりの方は、写真館様の改装工事のもの。
そこの写真館は見た目も古いわけではなく、というよりはきれいなお店。

ただ・・・
あまりにも目立たない。
だから、こうこういう場所にあるでしょ、といっても誰も気づかない。

そこで思い切って改装。
ちょっとおしゃれな外観と、工夫を凝らした撮影スペース
他の写真館で撮ったものとは、ちょっと違うぞ!
というものを目指します。

これはこうご期待ですよ。
また、この場で時々レポートしますので見てくださいね。

でも今日言いたいのはもう一つのこと

そう
冒頭で申し上げた勉強のこと。

おかげでいろんな所へ行くことができました。
倉吉、岡山、名古屋、犬山、大阪  智頭・・・・

いやいや、いったのが大切なことではなくて、勉強したことなんですが。

これには「長期優良住宅」っていうのが登場したということが大きいのですが
家は「長く愛して使って頂こう」ということを言い続けてきた私たちにとっては、このものには絶対に対応しておきたい。

そんなことから、あちらこちらで勉強を重ねました。

そこでわかったこと。
それ自体は、そんなに恐るべきものではない、ということ。

でも、本当に恐るべきなのは
それを申請するための書類、書類、書類・・・・

正直「ちょっと、これって・・」と思うものもあります。
でも、申請書類というのは、いくら逆らって見ても、出さなくてはいけないものは出さなければ通らない。

今悪戦苦闘しているのがこの問題。
勉強してきたものに、全てもう一度目を通して「なんでー」とか「うーん」とか
うなっています。

それでも、ご安心ください。
弊社では「長期優良住宅」にも「200年住宅」にも対応できます。



その話は、その話として
今回いいたいことは、そんな事じゃあないんです。

長くなって申し訳ありません。


正直、今一番頭に残っているのが「大田麻美さん」のお話し。

以前書きましたよね。5時間の講演の話。
あれですよ。あれ!!

普通講演なんて、その時には「いいな。」と思っても
後になると結構忘れていたりするもの。  ではないですか?

でも、彼女の講演は今になってもはっきり覚えている。

それどころか
こんなすばらしいお話し、誰かに伝えたい
ホントにそう思っている。

このブログでも紹介しますね
なんて書きましたが、私の稚拙な文章力では伝わらないと思う。
それに
きちんとした表現でないと、何よりも彼女に失礼ではないか。

そう思うと、この場で「こんな事いってましたよ。」では済まないと思う。

一番良いのは
このブログを読んでいる皆さん、一度聞きに行ってください。
これ。

それがなかなか難しいという方
さわりだけ、くらいしか表現できないかもしれませんが
一度私の話を聞いてみてください。

どこまで正確にお伝えできるか・・・
でも、それでも感心できる部分はあると思います。

家創りで大切なこと

お伝えできるだけお伝えします。


コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック