« 家の結露 | メイン | リビング完成感謝の宴へ行ってきた »

2009年02月26日

●丸太選び

maruta.jpg

今日は綜合木材市場へ。

製材所をやっていたときには丸太をよく買いに行っていたものですが
今はもっぱら製品の方ばかり。

でも今回は久々に丸太を見に行ったんですよ。

なんの丸太かって?

実は今お話しをさせて頂いているM様。
自然素材が大好きで、木が大好きで、
プランについてお話しをさせて頂いていても、それがびしびし伝わってくる。

「この天井の梁を見えがかりにして、床も尾引天井(木が見える)にして・・・」

「いーですね、それ!」

「それじゃあ、ここら辺に大黒(太くて立派な柱)を持ってきて・・・」

「面白いじゃあないですか!!」

「大黒も普通は角なんですが、丸太なんてのも・・・」

「イーですね、良いです!!!!
ついでにそれを自分で磨いてみたりしたら面白いかも。
できますかね?」



そうなんです。
それで丸太を見に来たんです。

M邸の通し柱、並びに大黒柱になるための丸太。

上の話のようにすぐ決まった、と言うのではないのですが、
お話しをしていると“参加型”のいえづくりへの意欲が超満々!!!!

その第一歩として
原木を見に行って、もって帰って
皮をむいて、磨き上げる。

自分の家を支えるための柱を自分自身で磨くところから始める
とっても素敵なこの提案。

私自身、「できるかな?」と思う部分もあります。
加えて実際には大変な作業になると思いますが、
やること自体すごく良いことだと思います。



家の上棟自体はまだまだ先なのですが
幸いにも木も“切り時期”が良いときなので
今から始めていこう、というお話しでこうなりました。

M様の家創りは始まったばかりです。
さあどうなることやら
楽しみですね。(^_^)v

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック