« 年末の追い込み | メイン | 検査、検査、検査 »

2008年12月17日

●配筋のお話

先日JIOさんの検査の時の話。
覚えられていますか?
とってもアンビリーバボーなお話のことですよ。

今回はそのお話をしますね。

住宅の基礎をするときににコンクリートで造るのは当たり前の話。
そのコンクリートの中には鉄筋が組まれている、っていう話になると
一般的にちょっと理解が怪しくなるみたいです。

tekkin.JPG

ま、こんな感じで組まれるわけですが、この鉄筋、長さがだいたい4m。
この長さが既製品の長さ。

この長さを超えるときには、ま、ほとんどの場合超えるんですが、鉄筋同士をつなぎ合わせなければなりません。
このとき、何でも良いからつなぎ合わせるのではなく、ちゃんと決まりがあるんです。

その決まりは「40d」といって、その鉄筋の太さ×40。
13㎜の場合だと、 13×40=520 
つまりつなぎ合わせの長さは、この場合だと520㎜定着がいりますよ、ってことなんです。

こんなのは常識の範囲である!はずなんですが、ここら辺がどうも怪しい!!

今回のアンビリーバボーな話は実はこの話。

検査員がある現場へ行くと、鉄筋が組まれているのですが、定着がほとんど取られていない。
「きちんと定着を取ってもらわないと検査が不合格になりますよ。」
と注意したら、耳を疑うような言葉が。

「あのー、定着ってなんですか?」

一瞬唖然としたそうですが、気を取り直して上の話をしました。
するとまた信じられない言葉が。

「つながっていれば良いじゃあないですか?なんでそんなことまでしなきゃあいけないんですか?」

その後延々1時間そのわけを話した(講義した)そうです。

その業者はその後も色々と問題があったらしく、
「これ以上問題が起こると即不合格にしますよ!!」
と強く言うと、その後はJIOさんでの取り扱いがなくなったとか。

%E9%85%8D%E7%AD%8B.bmp

上の表が鉄筋を繋ぐときの決まり事の一部なんですが、
実は私も他社の鉄筋組を見たとき、実に細かく組んであるんですが、定着がきちんと取れていない
そんな現場を見たことがあります。

皆様はわかりますよね。

つなぎ部分というのは必然的に弱くなる。
だから、強さに応じて繋ぐ(定着)長さが決められている。
そういうことなんです。


こういった話が出ること自体、間違ったことなんですが、
きちんとして当たり前!
それを基本にしていきたいものです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック