« 配筋検査 | メイン | 楽しかった!望年会 »

2008年12月11日

●DIYの極み

昨日は矢掛のYで仕事。

玄関周りの仕上げをするためです。

以前このブログでもご紹介したのは玄関部分。
今回仕上げに行ったのはアプローチの部分。

今回やったのはグランドコンクリート。
以前から何回かご紹介していますが、普通にコンクリートを入れたその上に模様漬けをするもの。
ご興味がある方はリンクで行ってみてください。

今回の写真は・・・・
残念ながら、仕上がったのが暗くなってから。

お見せできないのは残念ですが
実は今度内見会をしようと思っていますので、その時に実物はご覧ください。

で、今回のメインの話はここから

GCも終わりかけたころ、暗くなってからお施主様が来られました。

人使いの荒いS住建は、お施主さまであろうとお構いなし。
仕上げの部分を手伝ってもらいました。_(._.)_

昨日は天気もよく、仕上がりは上々!!
後はしっかり乾かして、仕上げをするのみ。

また話がそれてしまいましたが、
お施主様が「ちょっと重いものがあるんで、おろすの手伝ってもらえます?」
と言うことでお手伝い。

そこには、以前銘木屋で買った板が!!
以前とは違ってすっかり立派になってかえってきました。
IMGP0270.JPG

写真では大きさが分かりづらいのですが、広いところで幅が90センチ、長さが1m60センチほどの立派なサイズ。

それが丁寧に丁寧に磨き上げたのが本当によく分かるくらいピカピカ、ツルツル!!

すごい!!
よくぞここまでやってこられました。
カウンター板、大中小それぞれ1枚ずつ。
そして最後の極みがこのテーブル。

ホントすごいです。!!!

「木を削っていると、ホコリがでるじゃあないですか?普通ならそんなホコリいやなんでしょうけど、全然苦にならないどころか、これって体に良いのかも・・・なんて思ったりするんですよ。それとやればやるほど、何かかわいくなって行く、って言うか、普通なら欠点であるはずの割れとか入り皮とかもいとおしくなると言うか、良いところも欠点もも、みんなのみこんだ上で、これでご飯を食べたら本当に美味しいだろうな、って思うんですよ。」

うーん、これぞDIYの極み。
良いですよね、こんなお話って。

分かります。解ります。わかります。
一生懸命手をかけて造ったものって、ホントいとおしいですよね。

あなたはもうすでに、木を磨く名人の域に達してしまいました。
拍手!! 拍手!! です。

今度の内見会ではこれも120%見た頂きたい逸品です。



DIY、お奨めして本当に良かったです。
やれる方には今後もどんどんお奨めしていく勇気を頂くことができました。
感謝!感謝!です。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック