« うちの良いところ!? | メイン | U様との家創り »

2008年11月11日

●木の目利き

日曜日の「木の家相談室」の当番。
はっきり言って暇でした・・・・・・

その代わりといってはなんですが、たまった仕事ができたことは収穫かな?

でもこの日、はるばる倉敷よりY様が顔を見せてれました。

用件は、木の家相談室ではなくて、カウンターにする銘木材料のこと。

先日色々と買って帰ったのですが、キッチン前のカウンター材料がどうしても気に入らないとのこと。
この場で口に出して表現するのは難しいのですが、余分な色がでて、それがどうしても取れない。
加えてしらた(木の白いところ)がどうもしっくり来ない。

ということで、もう一度銘木やさんへ。
先日大売り出しがあったばかりですので、あまり残ってなかったのですが、それでも色々と物色。

そうしているとY様が
「あーこれこれ!こんな部分を擦って仕上げると、いいつやがでるんですよねー!」とか
「ここのこの色、これは落ちない色なんですよねー!」とか・・・・・

色々とみながらそんな言葉を・・・・

「おー! すごい! そんなことが分かり出すとはたいしたモンですね。」と私

「いやー、磨いていると分かるんですよ。きれいになると本当にうれしい。でも、いくらやってもうまくいかない部分もある。そうするとこんな部分はダメだって分かる。やってみた成果ですかねー!?」

いやいや、立派なモンです。
そうして分かっていくことが、よく言う「目が利く」って言うことなんですよ。
一生懸命やった成果がきちんと出てるじゃあないですか!!

Y様もしっかり家創りを楽しんでいらっしゃる。
そんな姿を見て本当にうれしく思える瞬間でした。



肝心の銘木ですが、一生懸命に探した甲斐があり、いいものがありました。(^_^)v
チャン、チャン!


となるのですが、
後日談では、実は昨日少し曲がりすぎていて、ちょっとあわてたのですが、何とか、何とかいい具合に仕上げることができほっとしています。
良かった!良かった!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック