« JIO構造体検査 | メイン | 温度差 »

2008年08月30日

●怪しい家??

yosi%20mado.JPG

矢掛のY邸順調に進んでいます。

1階のひさし屋根や、玄関の屋根
これらは木が見える化粧葺きとしたため施工が遅れていたのですが
それらも完成。

サッシをつける段階になりました。

ところが、このサッシが付かなかったばかりに
Y邸にはこんな噂が・・・・

(Y邸進捗状況8/10の写真と比べてみてください)

私がいないある日、近所の方が訪ねてきて大工の前やんに
「この家は、窓がほとんどないけどどーして? もしかしたら何かの宗教か、何か?」

大工「・・・・・・」
大工「やー、こりゃあ先に壁をつけんとできんかったけん、こうしとんじゃ。せーで窓の穴は後で開けるようにしとるけん、窓はねーことはねーんで。」

近所の方「変っとるなー!! 変な壁を付けたと思もーたら、やり方もへんなんじゃなーーー。」

後日これを聞いた私「・・・・・・・・」のあと    大笑い!!!


建前の時から、オール国産材でやっていることから、
ほとんどの家が外材や、集成材でやっている地域ではめずずらしいらしく
何となく注目されているのかな、と思っていましたが、
よもやこんな注目のされ方をしているなんて・・・・(笑)



そんなこんなで数日が過ぎ、やっとサッシがつき
「前やん、これで宗教の家じゃあ無くなったけん、安心じゃなあ。」
と話をして2人で大笑いしていました。




ところがこの話、これだけではなかったのです。
先日また別の人が来て
「おー!サッシが付いたんじゃあ。やっぱり普通の家だったんじゃなあ。」と

「どーゆーことですか?」と聞くと
「あの家は何かの宗教かなんかで怪しいと聞いとったけん、時々見よーたんじゃ。そーしたら窓がつい取るがな。
せーでやっぱり普通の家だったんじゃなあ、と思もーて来てみたんじゃ。」

うー!! ご近所のうわさ、恐るべし!!!!

良い方に行ったからよかったのですが、悪い方だったら・・・・

ますます気を付けてやりたいと思います。




変な話だけではなく、うれしい話も一つ

昨日また別のご近所さんがやってきて
「この家はえー匂いがするなー! ほんに木のえーにおいじゃ!」と

私たち働いているものは匂いになれてしまって、正直その辺のところはあまり分からないのですが
表の道路を通ると良いにおいがするそうだ。

この辺は国産材ならではかもしれませんね。(^_^)v

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック