« オクトボー~床下断熱 | メイン | 怪しい家?? »

2008年08月29日

●JIO構造体検査

08280009.JPG

昨日はJIO(日本住宅保証検査機構)による構造体検査。

このブログを読んでくださっている方にはおなじみだと思うのですが
いわゆる第3者機関による検査。

いつも申し上げるように、こういった第3者による検査は、やっぱり必要だと思います。

どうして?って
そりゃあそうでしょ!

これもいつも申し上げることですが、「人間は間違いをする動物!!」

よほどの人、もしくは悪意でもない限り、間違えようと思って間違える人はいない!

一生懸命やって、きちんとやったつもりでも間違いは起こる。

そんなときに必要なのが、やっぱり第3者の目。


実は今回は完璧だと自負していました。

でも・・・・・
忘れてたんです・・・・
一カ所金物をつけるのを・・・・・

すいません m(_ _)m

もちろんその場ですぐ取り付け。
こんなんだから、必要なんですね。やっぱり


この検査、最終的には“何かあった時”のための保障のために行うのですが
ここへきて、その様相が多少変わりつつあります。

というのも
このブログでも話題にした『住宅瑕疵担保履行法』
これが来年の10月から施行されるのにあわせて、JIOさんをはじめとする
各保障会社が保険引き受け会社となるのです。

どういうことでしょう???

住宅瑕疵担保履行法、
ごくごく平たく言えば

すべての建築会社は10年の瑕疵保障(欠陥とか、雨漏りとか重大な欠陥の保障)
をしなければならないことになっています。

ですが、実際には瑕疵を多く起こした会社は倒産したり、廃業したり・・・

これではこの法律が何の役にも立ちません。

そこで考え出されたのがこの法律。

瑕疵が起きた時のためにあらかじめ、『供託金』(預けておくお金)を積んでもらうか
もしくは、保険会社に入って、万が一の時も保険が出るようにするか

すべての建築業者がこの2者択一をしなければなりません。

多額のお金を積んで供託するというのは、実質的に相当資金の余裕があるところでないと無理。
必然的に保障会社に入る会社がほとんどのようです。


この法律
私たちのように以前からすでに保障会社にお世話になっているところは何の問題もないのですが
これから入ろうとするところは大騒ぎのようです。

「そんなものが始まったら大変なことになる。」
「わしらはやれんようになるがな!」

そうなんですかねーーー?????


住宅瑕疵担保履行法についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック