« タカラスタンダードのキッチン | メイン | 熱心なお施主様 ~ サッシ インプラス »

2008年06月13日

●価値としての値段

昨日は昼から倉敷へ。
Y様の土地の草刈りと、勿論Y様とお話するため。

前回ブログでY様とのお話の事を書かせて頂きました。
その中で「志水さんの家はすごく高いの・・・・」と思われるような節があったようですが
そんな事はありませんよ。

私たちはその価値にあった家創りを提案していますから、
必然的にある程度のお値段にはなりますが、そういった事かられば決して高くはないのです。

このことは、Y様もよくご存じで
「価値ある良いものを提案してくださっているのだから仕方がないですね。」
と笑顔で答えてくださいます。


そもそも家の高い安いって、なんでしょう?

坪25.8万円なら安くて、50万なら高い。
これは当たり前!!

でもこの値段、、私たちには逆立ちしても到底無理!!!!

何でそんなに安いのか?私たちはその会社に行って、見積もりしてもらう事は不可能ですが、WEB上の色々な書き込みを見たり、聞いたりしたところによると、実際には坪40万円位かららしいとのこと。
それならまだ納得(^_^;

それでもこの会社はお金としての値段を見ると安いのですが、
私が問題にしたいのは、こんなバーゲン価格みたいな
「お金としての値段」ではなく「価値としての値段」

車で例えると、
お金としての値段なら、一番安いスタンダードタイプの軽4に乗ればいい。
同じように走るし、燃費もいいし、言うことなし。
ですが、価値として考えるなら・・・・

贅沢に乗るならクラウンがいいかな!? イヤアリオンでも十分かな。
たくさん乗るならワンボックスのボクシーがかっこよくていいな。
(車の種類の事は正直よく分かりませんが)

そんな事を考えるはずなのです。

その人のライフスタイルや、休日の過ごし方、仲間との過ごし方、等々・・・
そんな事を考えた時、安いだけの車では満足できないはず。

そんな時人は、多少高くても自分の欲しい、もしくは必要な車を選ぶはずなのです。

それが私の言っている「価値としての値段。」

それは仮に「お金としての値段」が多少高くても、その価値に満足していれば決して高くないはず。
それどころか割安感すらあるかもしれません。


私たちは、そんな「価値のある」ものを少しでも安く提供したい。
お施主様に少しでも満足して頂きたい。
いつもそんなふうに考えています。

コメント

いつもわがままばかり聞いて貰ってます。
志水さんは、「無理」とは言わないので、何でもお願いしてしまいます。
会うたびに宿題持たして、申し訳ないです。
が、よろしくお願いしますね。


コメントありがとうございました。
こちらこそ、色々なお話(いらん話も込めて)をさせて頂き本当に有難く思っております。
私たちの目指す家創りは、是非ともこんな感じで進めて行きたいと思いますので、これからもいろんな事を言ってください。
でも、できない事はで「できない」とハッキリ言わせて頂く事もありますから、覚悟しておいてください。(笑)

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック