« Y様との打ち合わせ | メイン | シロアリ忌避剤 オクトボー »

2008年05月16日

●T邸内部取り壊し

takano1.jpg


T様邸の改造工事を進めています。

今回の工事は、3つある8畳の間の内部を取り壊し、リビング・ダイニング
及び寝室にする事です。

今まで使いにくかったキッチンを改造。
いままで寒くて、暑かったリビングや寝室を断熱改修します。

こういった改造工事で一番心配する事、
それは床下がどれだけ傷んでいるか、ここですね。

30年位前の家は、床下にもぐってみても、「人通口」といって基礎の穴があるのですが
それが狭くて行きたいところにいけなかったりするのですが、ここもやはりそういう状態。

結果、壊してみないとどれだけ傷みがきているのか分からない。

冷や冷や、どきどきで壊してみると・・・・
すごく良い状態!!!w(゚o゚)w

今までの経験でいくと、よしんば傷んでいなくても、床下はじめじめ、じとじと
と言う感じなのですが、それもあまりない。


このT邸、実は傾斜地に建っていて、後ろは丘陵地。

この丘陵地というやつ、平地よりも何倍も「水を呼ぶ」ものなのですが、
その弱点を補うために、家の裏にはきちんと溝をきってある
そんなことがこういう良い結果を呼んだのだと思います。

きちんとこういう事をしてあるT様。
さすがですね。(^o^)v


書きだすと際限なく書いてしまいますので続きはまた今度。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック