« 子どもの健康のために!? | メイン | 家の値段② »

2008年04月07日

●家の値段①

家創りは大変です。
何が大変かって!?

それにかける情熱がいる!時間もいる!

それになんと言ってもたくさんのお金がいる!!!!

そうなんです。
家を創ろうと思ったら、今まで見た事がないようなたくさんのお金がいります。

実は今、Mさまとプランのやりとりに入っています。

M様は言われます。
「どれ位かかるのか、見積もりをして欲しいんです。」

プランのやりとりといっても、まだまだ始めたばかりで何も決まっていない状態。

「中身はとりあえず標準的なものでいいんです。」とMさま。

「うーん !?困りました。(^_^; 」

弊社のような小さな会社の場合、○○型とか××タイプといったような標準プラン
というようなものはもちろんありません。

したがって、見積もりをする場合は、構造的な部材などは別にして、
お客様と一緒に話し合って、一緒に考えて選んだもので金額を決めていきます。

ですから、そのものによっては金額が大きく変わってしまうのです。

例えばよく言う坪単価で言う場合
40坪の家に50万円のキッチンと200万円のキッチンを付けた場合では

50万のキッチン  坪当たり 1.25万円

200万のキッチン 坪当たり 5万円

これだけで4万円近く違う坪単価になってしまいます。

これは極端な話ですが、実際の場面でも、望むものによって、少しずつ高くなっていき、最終的にはその差が、それらの積み重ねによって、大きな差になってしまう、そういった事なんですね。


ですから“標準”でというのはやさしいようでちょっと難しい!?

加えて、よく家創りの教科書などに書いてあるように
「何社か見積もりをとって、それを比べてみる」
なんて事をすると益々訳が分からなくなっていく。

だって、どんな仕様で建てて、何を使っているのか
そんな事は各会社によってバラバラ。

また、会社のこだわりによって、やり方も同じようで全く違ったりする。

そんな風に中身の違った事をする会社同士を比べようというのが、そもそも無理がある。


ちなみに聞くところによると、大手メーカーなどの場合は、
「仕様を契約用の安いもの」いわゆる標準仕様で契約。

「とりあえずこれで契約させて頂いて。あ、仕様変更は後でも出来ますから。」
という営業マンの言葉。

契約してしまったらこちらのもの。
確かに仕様変更は出来ない事はないが、すごく高くつく。

加えて何か頼むたびに
「あ、それでしたら追加金額○○円です。」と慣れた様子。

なんか怖い話ですね。


何にせよ、目の前の金額が安いだけでは・・・・・
考えものではないでしょうか??????


でもでも、昔の寿司やではないですが、“時価”では困りますので
Mさまには今まで建ててきた実際の家を元にして、
目安としての金額だけは提示させて頂きます。


まだまだ書きたい事がありますが
このまま書くと長くなりすぎますので、続きは明日。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック