« 値上げの春 | メイン | E様邸点検 »

2008年02月24日

●春のきざし

津山では昨日、今日と雪が降りました。
もうすぐ春が来ると思っていたら、またまた雪。
春はまだまだかな?
いえいえ、もう春は目の前ですよ。

実は先日から手がけさせて頂いてる改造の現場があるのですが、
そこの近くに以前見つけていた秘密の畑(?)があるのです。

hukinotou.jpg
まだまだ早いかな? と思って探してみると・・・・
「あった!あった! ありました!」
草の間からひょっこりと顔を出しているのは「ふきのとう」

ふきのとうは、雪解けを待たずに顔を出す、別名「雪割草」と呼ばれる春の使者。
一番早く出てくる山菜です。

実は、昨年大きくなりすぎて、もう食べることができないふきのとうが群生している場所を見つけていて、その場所が今度の現場のすぐ近くだったので行ってみたのです。

写真は収穫したふきのとう。
これが出てくるともう春は間近!!

これからの季節は、営業活動で車で移動していると、横に乗っている女房が
「ちょと、止まって!! 止まって!! ふきのとうがあった!!!!!」
という叫びを聞きながら、ふきのとうに始まり“つくし” “ワラビ”・・・・・
と別の意味で忙しくなります。(^_^;

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック