« E様邸点検 | メイン | S邸リフォーム完成 »

2008年02月28日

●暖かい家ご訪問 E邸の場合

これまで薪ストーブの家をご紹介してきたのですが、
E邸の場合別のもので、とっても暖かい家が出来ました。
e-tei.jpg

E邸に設置したのは“蓄熱式暖房機”というもの。

蓄熱式暖房機は、ごくごく簡単に言うと、「内部の蓄熱体を深夜電力で暖めておいて、それを昼間に少しずつだして部屋を暖める。」もの。
電化住宅にすると、ほとんどの場合深夜電力の料金が安くなりますので、電気をよりお得に使うことが出来るという仕組み。

説明してみると、なんて言うことはないものなのですが、こいつがなかなかグッド!
こいつの暖かさは、薪ストーブのような「暖かいですねー。前にいると暑いくらいです。」
なんていうものではなく、例えてみれば『日だまりの暖かさ』といった感じですね。

実際ご訪問した時には、入ってすぐに暖かさを感じて慌ててコートを脱ぐというのではなく、
徐々に暖かさを感じて自然にコートを脱いでいる、というのがホントの所。
そして、お話をしてると「ホントに暖かいですね。」という言葉が自然と出てくるという感じ。

pano2.jpg

温度計は「温度 20℃ 湿度 45%」をさしている。
私は「20℃で暖かい家、30℃で寒い家」、という言い方を時々するのですが
本当に実感ですね。

加えて良好なのが「湿度」
開放型ストーブを焚くと、湿度はすぐに60%を突破し、ともすれば70%近くに上がってしまうのですが、
こいつで暖めると丁度いい位の湿度になるようですね。

こいつの弱点としてあげられるのが
1.とにかく重いこと ~ 200㎏以上あるので動かす事はほぼ不可能。
1.断熱の弱い家では「蓄熱量」が不足して夜になると寒くなってしまうこと。
などがあげられるのですが、
しっかり建てているので、補強無しで設置して、しっかりと断熱していますので「蓄熱量」も問題がありません。(^o^)v

そう言えば
このE様邸にかかわらず、こういった基本的なことはしっかりとやってきておりますので、
どの家も小さな熱量で暖房できるのは間違いないと思います。

先日見学会に参加された方は実感ですよね!! (^o^)v

でもそう言った意味で言うと、「暖かい家紹介、○○邸の場合」なんて言わなくても
今まで建てた家がみんなそうなんですね。


家は「強くて長持ち」が一番大切!!
2番目に来るのは色々とあるでしょうが、やっぱり「快適で省エネ」がいいのでは!?
だってそれは、家計にも優しいのと同時に地球にも優しい事ですから。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック