« 羊毛断熱材 ウールブレス | メイン | 断熱材の施工 »

2007年11月05日

●ドイツの森

昨日の日曜日は、次の増改築の現場で、必要な部分と取り壊しの部分の
間仕切りをする予定だったのですが、土曜日のうちにすませることが出来、
仕事の予定がなくなりました。
そこで、急遽ドイツの森へ行こうと言うことになりましたが、
実はそれには訳があるのです。

一つ目の訳、それは
実は一番下の娘が、この春から大阪の専門学校へ行くことになりました。
その学校は「ホスピタリティ専門学校」と言って、簡単に言えば
「人をもてなし、お世話をする企業へ就職するための専門学校」です。

ここへ行く人達は、主にホテルなどへ就職することが多いのですが、
娘の場合は、“テーマパーク”への就職を目指しているので、そういった科へ行くのです。

テーマパークと言えば、誰もが知っているのが、この周辺では「USJ」
ここへ行ければ最高なのですが、これがなかなかの難関!!
絶対に入社出来るという保証もないし、仮に入れたとしても、自分が思う部署と違うと、そのギャップに苦しむことは、大企業に入るからにはよくあること。

大きな所へ入って細々したことをやるよりは、小さくても「やり甲斐」がある所へ入るのも良いのでは・・・
親としては、そんなこんなで色々なことを思い、心配し、考えてはいるのですが・・・

そこで岡山では人気のある「農業型テーマパークのドイツの森」を一度見てみたら、
と言うような事になったのです。

しかし、このもくろみは、娘の「こんなとこじゃあ つまらん!」の一言ではかなく終わってしまいました。
いらんことを、今から心配していてもしょうがないか!?
親はバカですね。
%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84.jpg
もう一つの訳、それは
いま施工しているY邸が、ハーフティンバーの家になる予定なのですが、
ハーフティンバーの家の家と言えばドイツ!
「いっちよー見に行ってみるか!」
そんな“のり”でいってきました。
(上記のことに比べると実に軽いのりなのですが、ま、こんなものです。)

予めWEBで調べてみると、大人一人800円。
でもよく見てみると、その下「犬 300円」と書いてあるではありませんか。
「へー 犬ね。だったら大を手を振って連れて行けるんだ。」
そう思い、我が家の愛犬「いちろー」くんも一緒に。
普段仕事ばっかりで、なかなか相手をしてやれないので、久々のお出かけです。
もちろんイチローも大喜び!
(イチローのことはまたの機会に、この場で紹介させてください。大事な家族ですから)

言ってみると、ドイツの森はとってもきれいな所で良いですね。
特にソーセージと焼きたてパンは、とっても美味しかった!!
あと忘れてはならないのが、そこでの手作りのビール!!
これが最高でしたね。(オメーはビールばっかりかい!!と言われそうですが・・・)

女房は1時間近くも並んで買った屋きたてパンにニッコリ。
全体的にお値段が高いのが玉にきずではありますが、そのおいしさに免じて
たまにはいっか!

久々にのんびりとした気分の1日でした。

コメント

お休みの日も、私達の為にありがとうございます。

『ハーフティンバー』ありましたか!?
日本では、本物はなかなか無いですよ。
写真や絵で見るとカッコ良いですよね。
なぜ、あんなに心惹かれるのか…
落ち着くのか…

日本家屋に似てますよね!
『立派な黒い梁に、真っ白い漆喰』
プラス、スタイリッシュ!

今丁度その外観が日に日に変化し、毎日見に行くのが楽しみです。

ハーフティンバーの家、ありましたよ。
と言うよりはハーフティンバーの家だらけ、と言った方がいいような感じ。
ただ、住宅と違って、本物と言うよりは「らしく作ってある」という感じでしたね。
勉強も勉強なのですが、私は好物の“泡の出るもの”でただの酔っぱらいになっていました。(大笑)
現場の方は、相変わらず牛歩ではありますが、一歩一歩着実に、良い仕事で前へ行っています。
見守ってください。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック