« お客様の笑顔 | メイン | 構造体~金物補強(E邸施工現場) »

2007年05月28日

●屋根断熱施工(E邸施工現場)

建前が終わると「屋根仕舞い」をしなければなりません。
屋根仕舞いとは、間単に言ってしまえば、最終的に瓦を載せて雨が降っても大丈夫なようにすることなのですが、今回の場合はその前にやることがあります。

それは、屋根部分の「断熱工事」なのですが、今回の場合屋根を勾配なりに仕舞う(斜めの天井になること)関係上、『外張り断熱』としました。

外張り断熱の場合、当然建ってしまってから内側からするわけにはいきませんので、
屋根瓦を載せて仕舞うまでにやらねばなりません。

031900101.JPG

 今回使用したのは「アキレスボードRZ屋根用」
 というものです。
見て頂いて分かるとおり、足跡のマークが描いて
ありますが、これは万が一乗っても踏み抜く心配
 がありませんよ、と言うことなのです。
 しかし、「こんなものに乗って本当に大丈夫なのか?」
 という話になり、結果「これを大丈夫だから、と採用
 した人が一番に乗ってみるのが普通」という事に
 なりました。
 と言うことは私が・・・・・・(TOT)
 地上数十メートルの屋根の上、本当に怖かったーーー


断熱材施工の注意点としては
1.隙間なく入れる
充填断熱であろうが、外張り断熱であろうが、基本は同じ事。隙間なく施工すること。
これが一番重要なことです。
今回は隙間をなくすために、断熱材自体にサネ(隙間をなくすために重なり合うようにする工夫)
がついているのですが、
それにプラスして、きちんと専用のテープで目張りすることも、この断熱方式の基本です。

☆充填断熱とは、よく言う「内断熱」のこと。本来なら、「内断熱」「外断熱」という言い方は木造住宅には当てはまりません。
正式には「充填断熱」「外張り断熱」というのが正しい言い方です。
乱暴な言い方をすれば、これを知っているかどうかで、断熱のことを理解しているかどうか、
一つの指標にになると思います。

2.通気層を設ける
充填断熱でもそうなのですが、特に外張り断熱の場合、ごく一部の例外を除いては、
必ず通気層(空気が流れる隙間)を取ってやることが基本です。
これをやらないと、断熱効果が低減するばかりか、結露の原因となります。

031900142.JPG

  断熱材の上に「通気胴縁」を止めつけたところです。
 長さ120㎜のとっても丈夫なビスを30㎝おきに止め
 つけて行きます。
 
 ともすれば、そんな長いビスはいらん、とか
 そんな短いピッチで止めなくても・・・・と
 なりがちなのですが、後でやり直しがきかない
 ところだからこそ、決められた仕様通りに施工
 します。

 また、棟の部分(屋根の一番高い部分)は、施工の関係上
 どうしても木を打たないといけないのです が、隙間が出来る
 部分には「発泡ウレタン」を充填しています。

 こういった事をきちんとやるのも『施工品質』です。

3.きちんと止めつける
外張り断熱の場合、断熱材という柔らかい(幾ら上がれると言っても)物の上に、通気するための木(一般に通気胴縁と言う)を止めつけるわけですから、それを止めつけるものは丈夫である、と言うことが基本となります。

なんで止めつけようと同じ、と言う人もいますが、きちんと実験結果など公表して自信を持って「外張り断熱専用」とうたっている物を使うことが大切だと思います。
ちなみに今回使用したのは「パネリード」というビスです。唯一欠点を上げるとすれば、とってもお値段が高いこと。(TOT)

アキレス断熱材 屋根用
http://www.achilles-dannetu.com/sotobari_kouzou.html

パネリード
http://www.e-jpf.co.jp/inside/a11.html


コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

トラックバック